贈りたい言葉を、お花に代えて。誰かに教えたくなる(hana-naya)のギフト

贈りたい言葉を、お花に代えて。誰かに教えたくなる(hana-naya)のギフト

伝えたい思いがあるのなら、メッセージではなく、お花に託して……中目黒にある(hana-naya)のフラワーギフトは、可愛いだけじゃない。季節の風と、気持ちが和らぐ心地よい香りを五感で感じられる花束です。大切な誰かに贈りたくなる、そして誰かに教えたくる(hana-naya)のお花を特集しました。

AnnyGift

by AnnyGift

2017年06月26日更新

この記事の目次
  • お花を贈る、ということ。
  • プレゼントされた一本のお花が、人生を変えた
  • お花と、三輪車。少しでも多くの人が、手にすることができるように
  • 見栄えだけじゃない。誰かに贈りたくなる(hana-naya)の花束
  • 幸せが、毎月届く。新しい花束ギフトのかたち
  • 気持ちを届けたい、あの人へ。

お花を贈る、ということ。

季節の花束 M|(hana-naya)

季節の花束 M|(hana-naya)

(hana-naya)が作る季節の花束Mサイズ。
「つみたてのお花」をイメージしてアレンジしたフラワーバッグでお届けいたします。

プレゼントの定番はと言えば、お花ではないでしょうか。
そしてそれは、きっと世界共通。
「お花を贈る」ということについて、ちょっと考えてみませんか。

中目黒の大通り沿いにある(hana-naya)(ハナナヤ)は、外に三輪車が停まっている小さな花屋。
おしゃれだけどあたたかみがある、気軽に立ち寄ることができる花屋です。
今回はそんな(hana-naya)の白川崇さんへ、Anny編集部がお話をお伺いしました。

プレゼントされた一本のお花が、人生を変えた

ー白川さんは、もともとお花が好きで、お花屋さんになることが夢だったのでしょうか。

「いえ、全くそんなことはなく、元々は紳士服を売る仕事をしていました。
服が好きかと言われたらそうではなかったのですが、不況時に内定をいただいた企業だったので。(笑)
今でこそ言えますが、堂々と好き、とは言えない商品をお客様に売っている、後ろめたさのようなものがありました」

ただ、その会社にいるときに、昇進や昇格などでお花をいただく機会がよくありました。
ブルーのお花が多かったですね。
男だからかわかりませんが、実はブルーのお花は、持ちが悪くて。
水がすぐ腐ってしまうし、部屋が臭くなってしまうし、正直、お花をもらっても嬉しくないなという印象しかありませんでした」

あるとき、一本のひまわりをプレゼントされた。

ーむしろ、お花とは疎遠だったのですね。
では、お花に興味を持つようなきっかけがあったのでしょうか。

「あるときに出会った農家のおばさんが、『どうせあなたは一人暮らしで部屋も汚いんでしょ』と、なぜか畑で咲いていた小さなひまわりを一本くれたんです。

小さなひまわりは、帰宅するたびに成長を感じるほど、どんどん大きくなっていきました。
一週間も経たないうちに、わぁっと迫力を感じるまで大きくなったのです。

そして今度は花が散り、茎がしおれて……それでもまだまだ可愛かったんですが、ようやく捨ててしまったんです。
ひまわりがなくなった部屋は、とても寂しくなってしまいました。
ひまわりをじっと見守っていたということでもないのに、お花が一本なくなっただけでこんなにも違うんだと思いました。

そのとき、『お花だったら、素直にいい!と言える』
そう思い、次の日に仕事を辞めてきてしまいました。(笑)」

“世の中がお花でいっぱいになるといいな” という思いから始まった(hana-naya)

その後10年ほど花屋に勤めた白川さんは、お客様とのやりとりを通じて「お花をもっと買いやすい環境を作りたい」と思い、(hana-naya)を始めたそう。

ちなみに(hana-naya)の名前の由来は、収穫物が一番に入る納屋(なや)。
花屋は買う目的がないと入れないという人が多いですが、納屋なら自由に入ることができるかもしれません。
花屋の敷居を低くしよう、という意味が込められているのです。

お花と、三輪車。少しでも多くの人が、手にすることができるように

中目黒で(hana-naya)を開いた白川さんは、三輪車でもお花を売り始めました。
この三輪車は、今でもお店を象徴するシンボルです。

「お花を買いたくても、近くにお店がないなどの理由でなかなか買えない人がいます。
行く先々に花があれば買いやすいのでは、と三輪車でお花を売ることにしました。
しかし世の中にもっとお花が溢れ、もっとお花を買いやすくなる仕組みは、他にももっとあるはず。
これからも新しいことを考えていきたいです」

そこにあるだけで心の中が明るくなる。もっとお花に目を向ける人が増えてくれたら

ー私自身、学生時代はお花屋さんが近くにあったのでよく買っていましたが、今住んでいるところの近くにはそもそもお花屋さんがないんですよね。
あったとしても、入りたいなと思うところがなくて……

「そうなんですよね。
私ももっと花屋がかっこよかったら、お花を買ってくれる人も増えるのではないか、と思っています。
お花って心を明るくしてくれる、本当に素敵なものなのに、まだまだ世の中は飾る人が少ないんです。
お花の魅力を、もっとたくさんの人に知ってもらいたいです」

見栄えだけじゃない。誰かに贈りたくなる(hana-naya)の花束

ナチュラルで、どこかワイルド。

華やかさだけでなく、人工とは対極にあるその“自然”さが、(hana-naya)の花束の魅力と言えるでしょう。
中目黒のお店も、一歩店内に入るとそこはオアシスのよう。
森の中に入ったときのように、暑い日でも涼やかにさえ感じるのです。

「現代は、圧倒的に人工的に作られたものが多いように思います。
しかし生き物の大先輩であるお花と長く接していると、本当はもっと自然そのものを、五感で感じた方がいいと思うのです。

お花は肥料だけでなく、太陽や風を浴びさせないと生きていくことはできません。
それは人間も同じなのではないでしょうか。

人工的なものに囲まれた毎日の中、五感で自然を感じることができる(hana-naya)のお花で、癒されるひとときが作れたらいいなと思います」

季節の花束 S|(hana-naya)

季節の花束 S|(hana-naya)

(hana-naya)が作る季節の花束Sサイズ。
「つみたてのお花」をイメージしてアレンジしたフラワーバッグでお届けいたします。
※季節に合わせたお花が届きますので、商品画像と異なる商品が届きます。
あらかじめご了承下さいませ。

幸せが、毎月届く。新しい花束ギフトのかたち

こだわりが詰まった(hana-naya)のお花の贈り物は、大切な誰かの心に、癒しと彩りを届けてくれます。
Annyでは季節の花束の他にも、毎月花束が届く新しいギフトも登場しています。
世の中にもっとお花の素晴らしさを広めたいと願う白川さんにとって、これは新しいチャレンジでもありました。

ご注文者様の手となって、花束を作りたい。だから……

ーどのようないきさつで、毎月お花が届くギフトを作られたのでしょうか。

「お花を毎週届ける、というサービスは花屋でもやっているのですが、毎月届く“ギフト”としては、Annyが初の試みとなります。
お祝いしてもらった瞬間をいつまでも思い出せるような、新しいギフトなのではないでしょうか」

ーそうですよね。
母の日など、遠くに住んでいる大切な人に贈るときにもいいなと思いました。
お届けするお花のこだわりについて、教えてください。

「季節感を感じてもらえるようなお花をお届けできるよう、心がけています。
そして少しでも五感で楽しめるように、香りや葉っぱの触り心地にも気を遣って花束をお作りしています。

そして……WEBからの注文ですと、ご注文者様の用途などはなかなか聞くことができません。
基本的には、ご注文者様の“手”になって花束を作りたい、という思いでおりますので、受取手様とのご関係やその方の印象、色の好みなど、ちょっとでも情報がいただけますと嬉しいです!」

ーそんな要望お伝えしていいのですね!
特別感があって、とても素敵だと思います。

「はい、ただなるべく新鮮なお花をお届けしたく、そのときどきで仕入れるお花が違いますので、100%ご要望に答えられる、という訳ではないことをご了承いただければと思います……(笑)」

マンスリーフラワーギフト3ヶ月分|(hana-naya)

マンスリーフラワーギフト3ヶ月分|(hana-naya)

「花のある暮らし」を、あの人にお届けしませんか?
三輪の台車がトレードマークの中目黒のお花屋さん(hana-naya)がセレクトした、お花が毎月手元に届く新しいお花ギフトの登場です。
季節を感じるカラフルな草花から珍しい草花まで、(hana-naya)が自信を持ってセレクトしたお花が3ヶ月間、毎月届きます。

マンスリーフラワーギフト12ヶ月|(hana-naya)

マンスリーフラワーギフト12ヶ月|(hana-naya)

こちらはお花が12ヶ月間、毎月手元にお花が届くギフトです。

気持ちを届けたい、あの人へ。

贈り手の方のやさしい気持ちを、お花に代えて届けたい。

(hana-naya)のお客様の中でも、プレゼントをするなら絶対にお花、と決めている方がいるのだそう。
その方いわく、お花は「世界で最もピュアなプレゼント」。

花を贈ること。
それは、メッセージカードのように直接的ではないですが、あなたの気持ちをお花という言葉に代えて贈ることではないでしょうか。

あるときは季節の風を届け、あるときは気持ちが和らぐ心地よい香りを届ける。
もちろん目でもその彩りを楽しむことができる(hana-naya)の花束は、あなたの素直な気持ちを、五感で伝えてくれるプレゼントになることでしょう。

お祝いのおすすめ記事

【送別品】送別会に人気のプレゼント特集2018。退職する女性におすすめのギフト

【送別品】送別会に人気のプレゼント特集2018。退職する女性におすすめのギフト

共に働いた上司や同僚が退職となったなら、送別会を開き、素敵なプレゼントで送り出したいですよね。今回は絶対喜んで使ってもらえる、Annyおすすめの送別の品をご紹介。退職や異動のシーンに、今までの感謝と門出を祝うことができる、女性に人気の送別品を集めました。

男性向けの送別会プレゼント。年代別・上司や同僚、お世話になった人が喜ぶ贈り物

男性向けの送別会プレゼント。年代別・上司や同僚、お世話になった人が喜ぶ贈り物

お世話になった男性が異動・退職することになった時、あなたなら何を贈りますか?今回は、男性に喜んでもらえる送別会のプレゼントを年代や関係性にあわせてご紹介します。今までお世話になった人だからこそ、送別会のプレゼントには感謝の気持ちを込めて。異動・退職など、上司や同僚男性の門出をお祝いする贈り物をまとめました。

一人暮らしを始める友達へ。引越し祝い向け、新生活を応援するプレゼント特集

一人暮らしを始める友達へ。引越し祝い向け、新生活を応援するプレゼント特集

一人暮らしを始める女友達。彼女に贈る引越し祝いには、絶対に喜ばれる、でもありきたりじゃないプレゼントを贈りたいですよね。今回は女性の新生活を応援する、一人暮らしを快適に、そして楽しく送れるようなギフトをご紹介します。20代や30代、転機を迎える方へのギフトに必見です。

最近チェックしたギフト

ページトップに戻る↑
featured-banner-image featured-banner-image
About anny
Anny(アニー)は「毎日にアニバーサリーを」をテーマに、アニバーサリーシーンにおすすめなプレゼント・ギフト情報を発信しています。誕生日・結婚祝い・出産祝いなどのお祝いの贈り物、クリスマス・バレンタイン・ホワイトデーなどの季節の贈り物、手土産・お見舞い・お礼や内祝いにおすすめなアイテムまで、幅広いジャンルのギフトが満載です。
友達や彼氏・彼女へのプレゼントに限らず、年配の方、上司・義実家・取引先への外したくない贈り物選びでも大活躍!おすすめのギフトだけではなく、贈り方・渡し方などのマナーも一緒に紹介しています。
「どんなものを贈ればいいのかわからない」「おしゃれなプレゼントを選びたい!」など、ギフト・プレゼント選びでお困りの際は、ぜひAnny(アニー)をチェックしてみてください。