特集を読む
商品を一覧で見る

お見舞いに何を贈る?Annyで人気のアイテムをチェック

この記事の目次
  • 大切な人が病気になってしまったら。お見舞いで励ましを
  • 正しいお見舞いに欠かせない、タイミングやマナー
  • お見舞いのプレゼント
  • お見舞いで負担にならない、人気のプレゼントがこちら
  • お見舞いの新着記事

大切な人が病気になってしまったら。お見舞いで励ましを

手土産とは、何も嬉しいときだけの贈り物ではありません。
例えば、大切な家族や友人が入院してしまったら……相手を気遣って持っていく入院時の差し入れも、立派な手土産です。
センシティブなシーンでの手土産は、タイミングや特有のマナーをしっかり学ぶことが大切。
そして、できるだけ心を穏やかにさせるようなプレゼントを選ぶことも大切です。
今回は、マナーとタイミングをしっかり踏まえた、おすすめの手土産プレゼントをご紹介します。

正しいお見舞いに欠かせない、タイミングやマナー

お見舞いに適切なタイミングって?

そもそも病気のお見舞いは、入院しているお相手のことを励ます訪問のこと。
必ずしも差し入れのプレゼントが必要という訳でなはなく、場合によってはお見舞い自体も避けるべき場面があります。
常識的な行動が極めて重要になるため、お見舞いのシーンが訪れた際は、必ず相手の病状や状況を確認しておきましょう。
訪れることになったら、避けるべきは入院直後や手術前後のタイミング。
心身共に繊細になっている方も多いので、念入りに都合を確認しましょう。

見舞う際に気をつけたいマナーとは

お見舞い当日にも、気をつけたいマナーはたくさんあります。
まず、面会は相手の体調も考え短時間で済ませること。
その上で、相手が元気になるような話題を話すようにしましょう。
またご家族など付き添いの方が近くにいらっしゃる場合は、その方にも声をかけて差し上げるのがベター。
お見舞いシーンでは、相手だけでなく周囲にも配慮することが、大切なマナーになります。

お見舞いのプレゼント

差し入れになるプレゼント選びも、お見舞い同様マナーを守って行います。
目安の金額は3000円〜5000円。
価格もサイズも、相手の負担にならないようなものを選ぶのが良いでしょう。
鉢植えなどものによっては、忌み言葉をふくむアイテムも多く存在します。
その他相手の病状、入院している病院の持ち込みなど、お見舞いのプレゼントには制限がかかることがあるので、事前の下調べは欠かさずに。

常識が求められるお見舞いシーンであるため、プレゼントにはきちんと感のある掛け紙をかけましょう。
のしのない掛け紙に御見舞と表書きをし、水引をつけるのであれば、二度と起こらないようにの意味をこめ「結び切り」で選びます。

お見舞いで負担にならない、人気のプレゼントがこちら

ガーゼフェイスタオル2枚セット

水場で使うタオルは、「病気を水に流す」として、お見舞いでの縁起物とされています。
慣れない環境での心の拠り所になるよう、お見舞いのタオルには使い心地のよいものを。
MAX MATERIAの特別なガーゼタオルは、木を原料としたナチュラルな肌触りが特徴です。
爽やかなテイストが枕カバーなどにも重宝されるので、お見舞いのプレゼントにももってこい。

ルームシューズ(レディース)

病院や自宅で療養されている方に、足を冷やさないためのルームシューズをプレゼント。
room'sのルームシューズは「歩く」を考えたデザインが特徴で、衝撃や冷えから足を守ってくれます。
靴のような見た目は、退院後でもお家で重宝してもらえるアイテムです。

ストレート果汁ジュース3本セット|JUICY Co.

昔はお見舞いの定番であったフルーツ。
しかし相手の体調や食事制限にも気をつけなければいけないため、最近では避けている方も多いのだとか。
そこでフルーツはフルーツでも、日持ちする加工品がおすすめ。
「JUICY CO.」のストレートジュースは、全国の特産品から取れた、果汁そのままの美味しさが楽しめるジュース。
小ぶりなボトルも相手を気遣う意味で、渡しやすいプレゼントとなっています。

万が一お見舞いに向かうことになったなら、Annyで負担にならないプレゼントを探してみませんか?
お見舞いシーンに多く選ばれるのは、ルームシューズやタオルなど、院内にあると嬉しい雑貨類。
そして暇つぶしにもってこいな本やイヤホンなどのプレゼントです。
負担にならないとして消えものも人気ですが、食事については制限がかかることもあるので、注意が必要。
その上で、ハッピーな気分になる小ぶりなプレゼントを選びましょう。

お見舞いの新着記事

【お見舞い】病気・入院見舞い時に守るべきマナー特集!おすすめ手土産もご紹介

【お見舞い】病気・入院見舞い時に守るべきマナー特集!おすすめ手土産もご紹介

友人や知人が病気で入院してしまった時、お見舞いってどのタイミングで行けばいい?どんな手土産がふさわしい?センシティブな問題のため気を遣う点は多いですが、しっかり基本を抑えておけば大丈夫です。ここでは病気・入院見舞いにふさわしいタイミングや振る舞いに関する5つのマナー、そしてハズさないお見舞い品(手土産)をご紹介しています。

お見舞いには本がベスト。入院中も退屈知らずで大切な人に笑顔を届けます

お見舞いには本がベスト。入院中も退屈知らずで大切な人に笑顔を届けます

大切な人のお見舞いに行く際、少しでも元気になってもらえるように、読んでいるだけでワクワクするような本を贈りませんか?今回は好みを問わず誰でも読みやすい、おすすめの本をご紹介します。素敵なお見舞いの品で、入院中の退屈も晴らしてもらえるといいですね。

About anny
Anny(アニー)は「毎日にアニバーサリーを」をテーマに、アニバーサリーシーンにおすすめなプレゼント・ギフト情報を発信しています。誕生日・結婚祝い・出産祝いなどのお祝いの贈り物、クリスマス・バレンタイン・ホワイトデーなどの季節の贈り物、手土産・お見舞い・お礼や内祝いにおすすめなアイテムまで、幅広いジャンルのギフトが満載です。
友達や彼氏・彼女へのプレゼントに限らず、年配の方、上司・義実家・取引先への外したくない贈り物選びでも大活躍!おすすめのギフトだけではなく、贈り方・渡し方などのマナーも一緒に紹介しています。
「どんなものを贈ればいいのかわからない」「おしゃれなプレゼントを選びたい!」など、ギフト・プレゼント選びでお困りの際は、ぜひAnny(アニー)をチェックしてみてください。